メニュー
買い物かご

VOL.06:移動平均を使ったデイトレード

  • ¥2,980


<まえがき>

デイトレードで、多くの方がつまずくポイントをご存じだろうか?
それは、「やり方が分からない」という点だ。どんなにデイトレードに憧れても、やり方を知らないのでは実践するのは不可能だからだ。

「きっと、デイトレーダー達は、何か秘密を持っているはず」
こんな妄想を抱いている方も多いはず。やり方が分からないと、疑いたくなるものだ。

あなたの妄想は強ち間違っていない。デイトレーダー達は、何かしらの秘密を持っている。大げさに言えば、「魔法の杖」のような投資ノウハウをいくつか持っている。しかし、魔法の杖は、初心者が憧れるような「最強なノウハウ」などではない。損したり得したりを繰り返してコツコツ利益を積み重ねるという、いわゆる地味な作業だ。

「え、こんなカンタンな方法でデイトレードしているの?」
もしあなたが、デイトレーダーからこっそり売買手法を教えてもらったら、きっと驚くだろう。彼らは、それほどシンプルなノウハウを繰り返し使っているだけだからだ。

 

移動平均線。本書を読んでいるあなたなら、この指標を1度は使ったことがあるだろう。デイトレをするときには、移動平均線が大いに役立つ。むしろ、移動平均線だけで十分にデイトレできるだろう。移動平均線は、誰でもチェックできるカンタンな指標だ。だが、使いこなし方を知らないため「なんとなく」見ることしかできないのだ。

きちんと使えば、巨万の富が手に入るかもしれないのに…だ。

デイトレードといってもイメージが掴めない方が多いだろう。
デイトレーダーはどのようにして利益を積みましていくのか、イメージもしづらいはずだ。

そんな方には、服屋を想像していただきたい。

服屋にいくと、何かしらの服が割引になっているという印象は無いだろうか? 服飾品は基本的に粗利率が高い。つまり原料費が安く、利益を出しやすい。よって彼らにとって最重要なのは「何度も買ってもらうこと」となる。そのため、服屋は客寄せのためにセールをすることが多いのだ。このような時、1週間前と比べて3割引の服なども簡単に見つけられる。デイトレーダーの役割は、①セール時に更に交渉して、安く買い付けること、②ほんの僅かな利ざやをうわ乗せして第3者に売りつけることだ。この手法は、競取りとも呼ばれる。

株式相場でも、このようなセールはよく起きる。だが、服屋のセールとは違って、株式のセールは誰も告知してくれない。そのため、自分でセールを探し出さなければならないのだ。


このセールを見極めるためにはチャートを読む力が必要不可欠だ。
特に、最もポピュラーなテクニカル指標、移動平均線はおさえるべき。ポピュラーが故、 移動平均線さえ使いこなせばあなたもデイトレーダーになれる。プロ並みの実力を身につけることができるだろう。

ちなみに、使いたい移動平均線は合計3本。それは、5日、25日、75日移動平均線の合計3本だ。

25日移動平均線や75日移動平均線はYAHOO!ファイナンスなどの無料サイトでチェックできる。ただし、5日移動平均線を使いこなすには、とある無料ツールを利用しなければ難しい。本書では、この無料ツールについてもご紹介していく。

 

本書の知識を活用すれば、5分でデイトレに使える銘柄を探し出せるようになる。本書に掲載している情報は1990年〜2015年の25年間にわたる、膨大なケーススタディを経て得られた知見だ。しかも、実践で使えるように、情報源などもご紹介していく。込み入った分析も必要なければ、値の張るソフトウェアを購入する必要もない。

どんな銘柄を選別すれば良いのか? どうやって買えば良いのか?  いくら分、株を購入すれば良いのか?

本書では、これらの疑問に全てお答えする。

 

<コンテンツ>

・デイトレードでの成功の方程式とは?
・移動平均線を使ったデイトレの4つの手順
・移動平均線と価格弾力性(=Price Elasticity)

 

<お引き渡しについて>

・本ウェブサイト(sfmr.jp)よりダウンロードしてしていただきます
・ファイル形式:PDF(Adobe PDF ReaderやGood Readerが必要)
・ファイル要領:1.8 MB
・ページ数:15ページ

 

Customer Reviews

Based on 3 reviews Write a review

あなたへのオススメ