メニュー
買い物かご

VOL.05:トラップの使いどき 控えどき

  • ¥9,980


「逆張りトラップ」の使いどき

銘柄探しがニガテな方は、「逆張りトラップ」の仕掛け方を学ぶのがオススメだ。なぜかというと、トラップの設置法を知っているだけで、銘柄分析を殆どすることなく、手軽に利益を出せると期待できるからだ。

利益を出せそうな株を買う方法は、大別すると2種類ある。
それは、以下の2種類だ。

  • 銘柄選びを徹底し、特に魅力的な株を選び出す
  • 利益を出せるタイミングを徹底的に見極める

以上の2つの方法を駆使することで、効率的に利益を出せるようになるはずだ。このうち、前者は、「過去の値動き」を観察することで、反発する魅力的な株を見つけ出すのが、主な攻略法だ。逆に、後者では「未来の値動き」によって投資の可否を決めて、有利な価格で株を売買するのが効果的だ。

利益を出す、たった2つの選択肢

…これだけでは、イメージしづらいという方も多いかもしれない。参考までに、上述した2種類の「銘柄選び」を図で解説することとしたい。次ページに用意した図をご覧いただきたい。

上の図を確認すると、株で利益を出すためには、「仕掛け候補」の選定や、「約定銘柄」の選定が大きなカギを握っていることが分かる。

この図のように、利益につながりそうな銘柄を見つける方法は、たったの2通りしか考えられない。それは、以下の2通りだ。

  • 魅力的な「仕掛け候補」銘柄を見つける
  • 利益を出しやすい銘柄だけを「約定」させる

そして、拙著StockForecast Market Review Vol.5 逆張りトラップのつくり方」では、後者のノウハウを詳しくご紹介した。この投資法を使うことで、25年間かけて資産を2倍増できたような投資テクニックを確認いただけただろう。

相場の状況で適切な投資法は違う

実は、この投資法は、使いどきを間違えると、強烈な機会損失になってしまう。なぜかというと、相場には、「何が何でも株を買うべきタイミング」というのもあり、トラップを使わずとも利益を出せることもあるからだ。よって、後者の投資法は、「利益を出しやすい」時期には使うべきではないのだ。トラップを使わずとも利益を出せるときには、トラップなど使わずに、素直に株を買えば良い。逆に、普通に株を勝っても利益を出しづらいときにこそ、この「逆張りトラップ」が役立つと言えるだろう。

トラップの仕掛け時を見極める

そこで本書では、トラップを使うべきときと、使うべきでないときな相場状況について、具体的に言及していく。そして、それぞれの相場に応じた投資法をご紹介していく。 前著では月に1〜2回しかなかった取引チャンスも、本書のノウハウを活用することで売買の機会は何倍にまで広げられるだろう。

本書では、相場の状況(=東証一部騰落レシオ)の状況別で、利益を出しやすい投資法を調べあげた。具体的な方法は、以下のとおりである。

  • 東証一部騰落レシオ(10)が50%以下のとき(=暴落相場)での投資法
  • 東証一部騰落レシオ(10)が100%以下のとき(=下落相場)でのトラップ設置法
  • 東証一部騰落レシオ(10)が100%以上のとき(=上昇相場)でのトラップ設置法

なお、あくまで投資判断は自己責任だ。本書に書かれた情報を利用された時点で、本件は了承されたものとする。お決まりだが、必ずご承知いただきたい。

シグナルを倍増できるチャンス

逆張りトラップは考察に値する題材だ。「注文方法の使い方」をマスターするだけで、あなたが得られる利益は2倍にも3倍にも増大することが可能だ。そして、「株を探す代わりに注文方法に気を配る」だけで、銘柄探しがニガテな方でも、難なく利益を出せそうなチャンスを見つけられるようになるはずだ。今まで、注文方式にあまり気を配っていなかったという方は、本書をきっかけに吟味してみていただきたい。

 

目次

P02:「逆張りトラップ」の使いどきとは…?

P07:絶対におさえて欲しい「事前知識」

P09:その1:◯◯相場はトラップが要らない

P14:その2:◯◯相場はトラップの使いどき

P17:その3:◯◯相場では市場を選ぼう

P20:リスク管理は念には念を入れて…。

 

著者紹介

中原良太(なかはらりょうた)

1990年生まれ。2013年慶應義塾大学卒業。卒業後、ワシントン大学のマーケティング・プログラムに参加。在学中にシステムトレードを学び、ヤフーファイナンスの「投資の達人」として抜擢される。他、ネットマネー、夕刊フジ、株完全ガイドなど、雑誌社からの取材や記事の掲載多数。2600名以上が購読する無料メールセミナー講師や、12500名の投資家が利用する投資ブログStockForecastを運営。

著書:株2年生の教科書(共著:西村剛)

 

お引き渡し方法

・本ウェブサイト(sfmr.jp)またはEメールでダウンロードしていただきます
・ファイル形式:PDF
・ファイル要領:1.3 MB
・ページ数:23ページ

Customer Reviews

Based on 3 reviews Write a review

あなたへのオススメ